電想蟹記

Secondlife

電想蟹記

蟹沢はさみアウトフィット紹介

こんばんは。

SLの楽しみの1つにアバターの着せ替えがありますが、
これはあまりゲームができない時期でもたまにインしてイベントを巡れば
できることなのでお手軽で良いです。

そして新しく買った服は早めに着てアウトフィット登録をしないと
その後一生着ないことも多いので、買ったら即コーデを組んで登録するんですが
あんまり数が増えるのが嫌なのでしばらくしたら消して気に入ったやつだけを残す、
みたいなことを繰り返しています。

そいで、今は34種類のコーデがあるのでそれをここで公開しよう!
という趣旨の記事です。


余談ですが、昔は「蟹沢はさみ」という人物に似合う服を着るようにしていました。
ですが魔王城でおやすみという漫画を読んだときに、
単行本では話と話の間に主人公である姫が
ジョブチェンジという名のコスプレをしてるんですよね。

f:id:kanisawadayo:20211018180503p:plain
           ↑こんな感じのやつ ※画像はイメージです。

これを見たとき、キャラクターに関係ないコスプレさせるのもいいなと思い
今では普通のコスプレもするようになりました。(どうでもいい話)



以下、すべてのアウトフィットを紹介します。

01.蟹沢はさみ

f:id:kanisawadayo:20211018181049j:plain

最初はこれ。

f:id:kanisawadayo:20211018181418j:plain

SLでどんな格好をしようとも、私の中の蟹沢はさみは↑この格好が基本なので
この蟹沢はさみを再現して作ったコーデである01はいつまでも消せずにいます。
あんまり完成度高くないですが… というかその時の好みに合わせて
いろいろいじくってるので原型があんまりない。


02.蟹沢はさみコーデ2021

f:id:kanisawadayo:20211018182035j:plain

最初に作った蟹沢はさみコーデをその時々いじくって形を変えていったのが
01のコーデですが、なら蟹沢はさみを今のセンスで1から作ったらどうなるのか?
というコンセプトのコーデです。

私はごちゃごちゃつけるのが好きなのでかなり気に入ってます。

03.病みピンクドレス

f:id:kanisawadayo:20211018184845j:plain

最近作ったコーデ。
ドレスの完成度が高いのでそんなに工夫しなくても可愛くまとまりました。

04.注射器ぶっ刺しコーデ

f:id:kanisawadayo:20211018190039j:plain

黒でまとまってて気に入ってます。
注射器刺さってる意味わからなさも好き。


05.黒尽くめの女コーデ

f:id:kanisawadayo:20211018191439j:plain

これはもうほぼ99%服の可愛さですね。
特に工夫もないような。

06.ブラックアリスコーデ

f:id:kanisawadayo:20211018202917j:plain

ごちゃごちゃしてて好き。
遠目から見てもシルエットがかっこいいので気に入っております。
というか羽根がかわいくて良い。

07.量産型ファッション

f:id:kanisawadayo:20211019084306j:plain

イベ巡りで一目惚れした服を元に作ったコーデ。
可愛くまとまってるんですけどこれ、
スカートの位置が高いせいかやたらスタイルが良く見えますね。
本当はもうちょっと足を短くしたいんですが、なかなか難しいのです。

令和こそこそ噂話

MM時代、私は身長を最低に設定していました。
それは特にこだわりがあったとかではなく、周りが皆小さくて
普通の身長に設定すると巨人に見えたからです。

f:id:kanisawadayo:20211019090620j:plain

これを見るとVIP出身の人達の身長がやたら小さいことがわかる

で、SLを始めるときに蟹沢はさみを再現することは決めていたので、
身長も小さめ(といっても現実的に155cmくらい)にしていました。

しかしSLとMMでは決定的な違いがありました。
常に軽く簡単にSSが取れるけど、画質が荒いMM
人が集まると重くなりSSを撮るのが大変だけど、人間も景色も美しいSL

つまり、MM時代は「誰を撮るか」「そのとき何をしてたか」が重要で、
写真そのものの完成度なんて微塵も気にしていませんでした。

f:id:kanisawadayo:20211019091926j:plain

MM6年目にして撮る写真がこれだから、本当に完成度なんてどうでもよかったことがわかる

しかしSLでは上に挙げた特徴から、「1人で綺麗な」SSを撮ることが多くなりました。
そのとき写真に背景を含めようとすると、MMと違い現実的なこともあって
身長が低い人を通り越して小人か?ってくらい不自然に見えるんですよね。

SLはアメリカのゲームなので全体的にでかめに作られており、
155cmだと椅子に座ってもサイズが合わずに宙に浮いてしまい、
いちいち調整しないといけないというめんどくささもありました。

つまり、周りの人間にあわせて身長を小さくしていたMMに対し、
SLでは周りの景色にあわせて身長を大きくしている、という説明でした。

そのせいでやたらとスタイルが良くて違和感を覚えるときがありますが…。

08.悪魔的肋骨丸見えコーデ

f:id:kanisawadayo:20211019093021j:plain

これも服装が可愛くて気に入ったのでそのまま着ただけのパターン。
でも蟹沢はさみにしては露出が多いレア衣装です。

09.青ドレス

f:id:kanisawadayo:20211019093539j:plain

黒に染まれゾーンを抜けて、続いて青ドレス。
といっても青はこれだけです。
ほぼマネキンセットですが、頭のコウモリがオシャレポイント。

10.いちごまみれ

f:id:kanisawadayo:20211019094917j:plain

いちごは題材として可愛くてメジャーなこともあっていろんな人が作っており、
バラバラな場所で買ったアイテムを組み合わせたにしてはまとまっていて
いい感じに出来ました。

11.なんか赤くてかわいいやつ

f:id:kanisawadayo:20211019095203j:plain

今見るととりあえずつけた感あって微妙かも。
髪型が可愛いくらい。

12.血まみれウサギ

f:id:kanisawadayo:20211019095349j:plain

結構昔に作ったコーデですが地味に気に入ってます。
なんで脚だけ血まみれなんだよとか思いますが、
耳と髪の色がマッチしていたりウサギが走ってるデザインとかが可愛くて好きです。

13.白ドレス

f:id:kanisawadayo:20211019100725j:plain

白のドレスは何個かアウトフィットを組んだのですが、
最終的にこれだけ残して全部消しました。
なんとなく白だと蟹沢はさみ感が薄い気がします。(これは髪型のせいもあるけど)

でもまあ普段とのギャップと言うか珍しさがあって良いのではないでしょうか。

14.ゆめかわコーデ

f:id:kanisawadayo:20211019101010j:plain

ゆめめっ!

15.下着

f:id:kanisawadayo:20211019101818j:plain

これは超初期に作って生き残ってる珍しいコーデ。
SLではその状況に合わせて着替えるということが多々あるので
パジャマ的なセットがあると便利なのです。

16.パジャマでも普段着でもいけるコーデ

f:id:kanisawadayo:20211019105903j:plain

服装の可愛さありきみたいな感じなので特に言うことがない。

17.着物

f:id:kanisawadayo:20211019110336j:plain

ボディがASRなのでなかなか似合う着物に出会えず妥協してます。
和風な街を歩くときに着るので登場回数が多く、
納得いってなくても消せないアウトフィットですね…。
ちなみに胴体がやたら太く見えるのは袖と重なってるからなんですが、
写真撮ってるときは全く気付かずに
「なんか太いな…ASRならこんなもんか」とか思ってました。

18.袴

f:id:kanisawadayo:20211019110752j:plain

続いても和服コーデ。
上の着物よりはまとまってる気がします。

19.メイン私服

f:id:kanisawadayo:20211019111123j:plain

MMではあんまり着なかった私服(一般的な服?)もSLではそれなりに揃えています。
これはその中で1番現実的で可愛いのでよく使うセットです。

20.ピンク私服

f:id:kanisawadayo:20211019111514j:plain

これは私服なんですが、それにしてはピンクすぎてどっちつかずに
なってる気がするのであんまり使っていません。
でも可愛いので残してあります。
肩だしてるのも珍しい気がする。

21.黒私服

f:id:kanisawadayo:20211019111714j:plain

絶対領域
靴が可愛くてお気に入り。

22.夏服

f:id:kanisawadayo:20211019111938j:plain

現実でもそうですが、夏服はごまかしが効かなくて難しいです。
シンプルほど難しい。
SLでは特に、上と下を合わせるというのがかなり工夫が必要なので
夏服を作る難易度は高い気がします。
他の人はどうしてるんだろう。

これは上下合わせたときの違和感を、腰回りのごちゃごちゃで誤魔化しています。
というか格好のさわやかさに対して顔が陰鬱すぎる。

23.ギャングコーデ

f:id:kanisawadayo:20211019112555j:plain

これは別に私服ではないと思うけど流れでここに。
上で触れたように、服装を上下別々にする場合工夫が必要で、
大抵の場合同じ作者が作った上下服を着ておけば問題ないのですが
違う作者が作った服を別々の店で買って合わせる場合なかなか
サイズとかが合ってくれなくて大変なのです。

で、このコーデはスカートが60L$という安さで売っていたので
とりあえず買ってみて、なかなかオシャレだったのでそこから組んだものです。

つまりスカート先行なので、それに合う服を探すのがかなり大変でした。
でもうまいことまとまったのではないでしょうか!!!

24.冬服そのいち

f:id:kanisawadayo:20211019113102j:plain

みなさんの普段の経験でわかると思いますが、
冬服は可愛く見せるのが楽で好きです。
とりあえず着せとけばそれだけで可愛く見える気がします。

25.冬服そのに

f:id:kanisawadayo:20211019113448j:plain

これはパンツ、セーター、コートが全部別の店の商品なのですが
うまいこと組み合わせて着れたので満足しています。
(SLをやってない人にはわからないと思いますが、
 はみ出たりして組み合わせること自体が難しい)
ただあまりに現実的すぎるため出番は少なめ。
私服でもちょっとしたファンシー要素は欲しいですね。

26.パリピコーデ

f:id:kanisawadayo:20211019113801j:plain

パリピイベントのために組んだコーデ。
これも顔が暗すぎるだろと思いますが、衣装自体はかなり気に入っています。
というのもこれも組み合わせで、
普段絶対着ない服とパンツ(どっちも無料ギフトだった気がする)を
うまいこと取り入れることができたので満足しています。

27.マイクロビキニ

f:id:kanisawadayo:20211019114300j:plain

SLはセクシーなアバターが多いので、1つくらいこういうのを組んでも
いいかなと思って作ったコーデです。
というか正直に言うと、普段あまり肌を見せないコーデにしているので
他の人がやってる露出度の高い服装がちょっと羨ましくなって作りました。

28.水着

f:id:kanisawadayo:20211019114811j:plain

しかしやっぱり上の水着は露出度が高すぎるため、
蟹沢はさみという人物が水着を着るならこれくらい隠れてるよな、
ということでどちらもアウトフィットに残してあります。

29.うんち

f:id:kanisawadayo:20211019115002j:plain

うんちだーーーーーーーー!!!!!!!!!!

30.サンタクロース

f:id:kanisawadayo:20211019115018j:plain

ここからはコスプレ編。
サンタクロースみたいな季節のイベントものは、その時期になるとみんなで
同じテーマの衣装に着替えるということをよくやるので
作っておくと便利です。
昔はハロウィンとかもあったんですが、気に入らなくて消しました。
また作らなければ…。

31.ナース

f:id:kanisawadayo:20211019115910j:plain

ここからは完全に、1番上に書いた魔王城の影響で作られたコーデです。
季節のイベントでもなく蟹沢はさみが着そうでもないただのコスプレ。

これはナースですが、99%マネキンセットをそのまま着ただけのもの。
セットじゃないのは髪と注射器だけですね。
注射器を探すのにちょっとだけ苦労しましたがそれだけです。
でも可愛いからオッケーです。

32.キョンシー

f:id:kanisawadayo:20211019120120j:plain

肌の色変えるのはありなのか?という気もしますがコスプレということで。
かなり可愛いと思っています。
紫と赤で袖の色が違うのは、HUDを連打してたらなったのでバグだと思いますが
気に入ったのでそのままにしています。

33.ミリタリ

f:id:kanisawadayo:20211019120331j:plain

か弱い少女と銃というギャップがいいね。

34.ポリスメン

f:id:kanisawadayo:20211019120428j:plain

警察衣装だけど帽子とかコントローラーにファンシー要素があって気に入っています。


以上34個!!!
かなり長いので読む人がいるのか謎ですが、
自分のための備忘録としてもまとめておきました。